カテゴリー
ビジネス系 資格

ビジネス系の資格と検定

これからビジネス系の資格を取るつもりなら、資格と検定の違いに注意しておかなければなりません。

一般的には資格の方が重要視されます。

ただ、資格を持っているからいい仕事ができるかと言えば、それほど単純ではありません。

周りの人とのコミュニケーションやお客様への適切な対応も、会社の中では重要な役割を果たしていると考えなければなりません。

例えば、電話対応一つをとっても、一人の人の話し方が会社を代表しているのです。

いい印象を与えるかどうかは、その電話1本で決まってしまうのですから、非常に重要でしょう。

秘書検定は毎年多くの人が受験していますが、3級から1級までの5段階のレベルがあります。

社会人として基本的にマスターしておかなければならないことから、上司のサポートを確実にこなすことができるレベルまで幅広い分野にわたっています。

具体的な内容は秘書検定の試験内容をチェックしてみてください。

すでに就職した人が秘書検定を受験するケースも少なくないようです。

自己啓発の手段としての検定です。

ビジネス系の資格はいろいろとありますが、デスクワークをする人はマスターしておきたいものです。

ビジネス系の資格では面接が行われる場合がありますが、これは実際の就職時の面接にも応用できますから、就職の練習をしていることにもなります。

もちろん、就職時には好印象を与えることができますから、採用される可能性は高いでしょう。

試験問題を解いていくことで、それが実社会で活用できるように考えて作られているのが人気のある検定と言えるでしょう。

ただ、資格なのか検定なのかを特別に意識する必要はありません。

自分を高めるための道具と考えてください

それが就職時に活かされるかどうかは会社や面接官の考え方が関係してきます。

資格を持っているだけで就職できる場合もあるでしょうし、ほとんど影響しない場合もあります。

ビジネス系の資格は秘書や営業マンのための基言うイメージが強いのですが、実際にはいろいろな場面で必要となります。

技術者でもユーザーの前で製品をアピールしなければならないことがあるでしょう。

その際のマナーや言葉遣いはユーザーに強い印象として残ります。

誰でもがビジネス系の資格を持つべきでしょう。

ビジネス系の資格の取り方

たくさんのビジネス系の資格がありますが、その取り方はどうすればいいでしょうか。

まずはインターネットで資格に関する情報をチェックします。

学生であれば、学校で資格取得の情報提供をしている場合もあるでしょう

ビジネス系の資格はいろいろとありますが、ほとんどの資格は年に数回行われている試験で既定の点数を取ることで資格取得となります。

ただ、ビジネス系で人気のある資格は取り方よりも、その後の活用方法が重要だと言われています。

つまり、実社会で活用できなければ資格として意味がないのです

ビジネス系の資格は、必須条件ではなく、取得していた方がベターというタイプがほとんどです。

資格の活用は会社が行うのではなく自分で積極的に進めなければなりません。

資格を取ってからわかるようになったことがたくさんあるはずです。

どのような状況で活用すればいいのかは、具体的な仕事の内容や職場によって異なりますから、自分が配属された部署で考えるのです

例えば、人気の高いNLP資格はコミュニケーションを円滑に行うための心理学の知識の試験が実施されます。

NLPの資格はビジネス面だけではなく、プライベート面でも活用することが可能です。

当初は心理療法の分野で活用することを想定されていましたがいろいろなところに応用できるはずです

子育てに活かしている主婦も増えているようです。

このような資格は独学では難しい面がありますから、通信講座やスクールに通うことをおすすめします

インターネットで検索すれば、どこで開講されているかわかります。

活用する業務が限定されている資格も人気があります。

ただ、簿記やコンサルタント関係の資格は、無理に限定する必要はなく、他の分野に応用する能力を身に着けることが大切です。

例えば、簿記の計算の考え方は会社全体の収支を見ることになりますから、経営戦略を立てることもできるでしょう。

資格取得を会社でサポートする場合もあります。

また、合格すれば報奨金が出るのです。

スキルアップの一つとして資格取得を考えてもいいのですが、その活用の方がより重要です。

知識を得ることは自分の活動の幅を広げます。

資格取得はそのきっかけに過ぎないでしょう。

おすすめのビジネス系の資格

ビジネス系資格としておすすめなのは秘書検定でしょうか。

秘書検定は、その名称から秘書になる人が持つべき資格と考えられがちですが、実際には一般のビジネスマンが持っておくべきスキルを対象としていますから、幅広い応用が期待できます。

秘書検定には入門ともいえる3級から面接試験のある1級までの段階に分けられています。

合否の実績を見ると、上級になるほど合格率は下がっています

1級に合格する人は2割程度となっています。

就職のための資格として見られていますが、実際には高校生や社会人など直接求職活動をしていない人の受験も少なくありません。

つまり、秘書検定に合格することで自分のスキルアップを図ることができると考えられるのです。

人と話すことの重要性はどのような職場でも変わりません。

お客様への対応だけではなく、社内でのコミュニケーションやプレゼンテーション能力が高ければ、業務をスムーズに進めるパワーとなるでしょう。

ビジネス系の資格は仕事に役立たないと考えている人も少なくありませんが、それは大きな間違いでしょう。

英語能力を知るための資格である英検を持っていても英語は話せません。

しかし、英語の語学力は確実に高いですから、インターネットで英語の文献を探したり、言葉の意味を正しく理解したりすることができるはずです。

もちろん、社内で英語は必要ないかもしれません

ただ、英語を知ることでより正しい日本語が理解できるのです

資格を取るための勉強もポイントです。

明確な目的をもって、勉強をすることは学生だけの特権ではありません。

年齢に関係なく自分のスキルアップは可能だからです。

英語を使った仕事をするのであれば、TOEICは必須でしょう。

毎日英語に接することで自然と話せるようになりますが、違和感のない英語を話すためにはある程度の訓練が必要です。

その評価がTOEICです。

資格とは一つの評価尺度だと考えましょう。

ビジネスで重要な業務の一つが経理です。

税理士などの国家資格とは別に、日商簿記など経理の仕組みの理解度を評価するための資格があります

税理士がいなければ事務所を構えることはできませんが、簿記は違います。

ただ、お金の計算をするためには簿記の知識が必要でしょう。