カテゴリー
ビジネス系 資格

ビジネス系の資格とは

ビジネス系の資格と言えば経理関係がメインとなります。

一番ポピュラーなのは日商簿記でしょうか。

ただ、これは免許ではありません。

日商簿記に合格していない人が経理の仕事をしてはいけないわけではないからです。

就職活動をしている人は免許と資格、検定の違いを意識しておかなければなりません。

ビジネススクールや私立の短大などではいろいろな検定の取得を推奨していますが、検定に合格しても就職にはほとんど関係ないものがたくさんあります。

しかし、自分がどの程度の知識を持っているのかを却下的に示すために検定の合格証があります。

例えば、日商簿記の1級を持っている人は経理関係の言葉や伝票の付け方、それぞれの関連性などは説明しなくても十分理解していると判断できます。

経理部門での採用では有利に働くことは間違いないでしょう

ビジネス系の資格は国家資格が少なく、特定の団体が認定している検定がほとんどです。

数少ない国家資格として宅地建物取引士があります。

これは宅地の取引には必要な資格となっていますが、不動産会社にはすでに資格を持った人がいるでしょうから、新人に宅地建設取引士の資格を求めることはありません。

もちろん、自分の実力をアピールするためには有力な武器となりますから、意欲があるなら取得しておくべきでしょう。

それから、TOEICは英語力を判断するために有力な資格となります。

英語を使う職場であればTOEICが必須の場合もあります。

ビジネスマンとして国際社会で働くためには英語は日本語と同じように必要な能力だからです。

一般にビジネス系の資格と言っても、かなり幅広いため、ターゲットとしている職業に絞り込んで取得することが重要です。

世の中には資格取得が趣味のように、いろいろな種類の資格を持っている人もいます。

しかし、資格取得の目的が就職のためであるなら、その会社で必要な取得に絞り込むことをおすすめします。

ただ、大学生や会社で働いたことがない人にとっては、ビジネス系の仕事のイメージが付きにくいでしょう。

そのため、どのような知識が求められるのかがわからないのです。

会社がどのような業務を行っていて、お客はどのような人たちなのかを考えてみてください。

そして、お金がどのように動いているかをイメージするのです。

ビジネス系の資格と就職

資格を持っておけば就職に有利ですが、具体的にどのような資格が有利なのかは明確ではありません。

それは、ビジネス系で必要とされる資格が業種や会社の仕組みで大きく違ってくるからです

例えば、商品の購買を行っている部署では簿記や経理の資格を持っていると有利だと思われがちですが、その知識を実際に活用する場面は多くありません。

パソコン上のアプリに伝票を入力するだけの仕事となるケースもあるからです。

もちろん、資格を持っていることは本人の資質レベルを評価するための客観的な尺度と考えられますから、持っている方が就職には有利です。

そこで考えなければならないのは、就職先にアピールできる資格は何なのか、そして、その資格を持つことで役に立つ仕事は何なのかと言うことでしょう。

資格だけでは仕事はできません。

重要なことはやる気であり、それをしっかりとアピールしなければ求人担当者はあなたに注目してくれないでしょう

ビジネス系の資格はデスクワークでできる仕事をイメージする人は多いですが、実際にはそれだけではありません。

工場での仕事はデスクに座っているだけではなく、設備保全の仕事もあるでしょう。

危険物取扱者、衛生管理者などは国家資格です。

この資格を持っている人がいなければ、工場を運営していくことができないのです。

英語や簿記を代表とする、いわゆるビジネス系の資格は検定試験であり、国家資格とは違います。

その点に注意しなければなりません。

つまり、資格を持っていることが就職の必須条件になることはなく、自分の資質を客観的に表現する手段に過ぎないのです。

ビジネスマナーやパソコンの技術は客観的な数字で表現することはできません。

そのために検定の合否を指針としています。

履歴書にどれだけ資格の数を書いたとしても、面接での態度に自信とやる気が見えなければ採用してもらえません。

秘書検定は秘書として身に着けておくべきマナーや敬語などをどれだけ習得しているかを判断するための検定です。

ここで重要なことは秘書がどのような仕事をするのかと言う点です。

ドラマなどに出てくる大会社の社長秘書のように何でも知っていて、何でもできる人など現実にはいません。

資格の意味を考えることが重要です。

ビジネス系の資格のメリット

ビジネス系の資格は国家資格と通常の資格に区別されます。

国家資格は国が行っている試験に合格した人だけが取得者となりますが、通常の資格は特定の団体が行う試験です。

基本的な仕組みは変わりませんが、資格を持っていることがどれだけ就職でメリットとなるかは、試験を開催する団体の信頼度に関係してきます。

無名の団体が行っている検定では、何の役にも立たないのです。

ビジネス系の資格と一口に言っても、かなり幅広い分野になりますから、仕事の内容によって絞り込むことをおすすめします

危険物取扱者や行政書士、社会保険労務士などは会社を経営していくために必要な資格と考えられます

あなたが就職しようとしている会社にはすでに資格を持っている人がいますから、資格を持っているだけではメリットとはなりません。

しかし、それらの資格を取得していることが知識とやる気を示すことになりますから、結果的には大きなメリットと判断できるのです。

就職と資格は密接な関係があるように思われがちですが、実際には本人の評価を高める効果以外はありません。

もちろん、資格を持っていることで自分に特定の役割を与えられる可能性はあります

例えば、仕出し屋さんでは栄養士の免許を持つ人が献立を作ります。

その栄養士の人が退職してしまうと、仕出し屋をやっていけませんから、その資格を持っている人が早急に求められるのです。

自分がどのような仕事をしたいのかを考えて、その中で役に立つ資格を取得しておくことは大切です。

ただ、その資格が業務に直結するわけではないことを理解しておきましょう。

資格を持たなくても、勉強しておけば専門用語の意味を理解できるようになります。

資格は新人がどの程度の知識を持っているかを判断するための材料に過ぎないと考えてもいいでしょう。

ビジネス系の中でもパソコン関係はその傾向が強いでしょう。

資格がなくても誰でもパソコンを操作することはできます。

ただ、パソコンを使って何ができるのかを判断するためにパソコン検定やMOSがあります

高度な知識がなければ合格しないような資格を持っていれば、それだけで非常に有利になることでしょう。

また、職場によってパソコンの使い方や必要な知識は違います。