カテゴリー
生涯学習

生涯学習の比較

各スポットで実行されている生涯学習には差があるのでしょうか。

当然、個々のスポットの特色を活かした生涯学習ですので、内容は異なって自然です。

しかしながら、スポットでの格差があってはなりませんが、人口の構成比率や地自体の収入状況によって差が出てくること言うのは現実としては避けられないことでしょう。

生涯学習に関連して多様な角度から比較したデータがあります。

この時代全体として生涯学習に関心を持たなければならないからです。

生涯学習の本質的な考えは、自分が希望することによっていつでもラーニングの機会を与えられなければならないと言うことです。

当然、その為の費用も発生しますし、人には個々得意不得意があります。

停年退職をしてから、余暇をどんなふうに過ごすのかが大切なことです。

それは生きがいを求めていると言うことでもあります。

私たちはただお食事をおこなうだけでは生きていると言うのは言えないのです。

自分がこの時代と関係を持ち、出来ることなら世のなかに貢献したいと考えているのです。

生涯学習は自己実現の場あると同じ時にこの時代貢献の場、この時代交流の場でもあるのです。

生涯学習の実現は個々の地方公共団体が実行するので、内容はスポットごとに異なったものになります。

個々を比較検討すること言うのはあまり意義合いがありません。

しかしながら、内容を充実させていくこと言うのは必要ですのです。

民間の教育機関でも生涯学習にかんする講座等も開かれています、。

大学等も積極的に生涯学習を支援しているのです。

あなたは退職したら何をおこなうのでしょうか。

文部科学省と生涯学習

文部科学省が生涯学習政策に対して、サービスを提供している機関となっています

当然、個々の自治体における教育委員会等が現実の業務をおこないます。

文部科学省は生涯学習の理念を明確にして、その方向性を示すことが大切な使命ですのです。

文部科学省のホームページを見てみましょう。

生涯学習はどんなふうにとらえられているのでしょうか。

高齢化、少子化が進む世のなかではラーニング意向の向上しや学歴この時代の是正をお目当てとして、広く国民にラーニング機会を提供していることが大切だと記載されています。

当然、その為には受け皿となる機関が必要です。

それは自治体内の組織であったり、財団法人、民間業者だったりするのです。

学校で行なわれるラーニングは基礎的なものであって、生涯学習と言うのは言えません。

年齢にかかわらずラーニングの機会を設けることが大切ですのです。

特に高齢者の為の講座等がよく行なわれています。

単なる研究ではなく、生きがいを見つけるための場としての使命もあるのです

そして、人と人とのつながりを求めている人に対しても、生涯学習と言う形をとって、交流の場を提供しているのです。

私たちはどんな形であれ、この時代とのつながりがなければ生きていけません。

人は一人では何も出来ないのです。

個人毎におかれている立場や状況は異なります。

それらの相違を考慮した上で生涯学習に取り組んでいかなければならないのです。

それが文部科学省の使命ですのです。

以来のこの時代を考える時にたいへん大切な点ですのです。

生涯学習の機関

生涯学習は各地方公共団体の一つの機関が主業務として行っています

それは教育委員会の中の組織であるケースではや一つの課となっていることもあるでしょう。

いずれにしても生涯学習の理念に基づいて住民にサービスを提供していかなければならないのです。

生涯学習と言うのは年齢にかかわらずラーニング意向を持つ人にそのラーニング機会を与えることをお目当てとしています。

研究ではなく生きていくための生きがいと呼べるものです

この時代とのつながりや人とのつながりもそのなかに含まれます

行政機関のなかでサービスは提供されていますが、本館の使命もトピックされてきています。

高齢者の為のサービスを本館が行なうのです。

データは本館にそろっています。

それらを生涯学習の一つとしてとらえることが出来るのです。

本館オリジナルで生涯学習のプログラムを製作しているところも出てきました。

当然、それは大きな本館でなければ難しいのかも知れません。

しかしながら、小さな町だから十分なラーニング機会を与えられないと言うことでは、生涯学習の理念が実現されていないと言うことになります

スポットの本館だからこそ出来ることがあるはずです。

何処の地方公共団体でも財政難になっています。

そういった中で生涯学習の為のプログラムを製作すること言うのは人員的な面だけでも困難が沢山でしょう。

しかしながら、以来の高齢化この時代を考える時には本館は対象とする年齢層を変化させていかなければならないのです。

こどもたちへの情報提供は当然必要ですが、高齢者の為の交流の場を提供していることも大切ですのです。