カテゴリー
生涯学習

生涯学習の歴史

生涯学習の歴史を振り返ってみましょう。

ユネスコで1960年に生涯学習と言う言葉が初めて使われました。

その時の考え方は現代とチェンジしていません。

人は自分の意向でラーニングしたケースいうこと、そしてそれは年齢にかかわらず行ってく必要があることですのです。

ここで言うラーニングと言うのは学校の研究だけを指しているのではありません。

学校での研究も幅ワイド意義合いでのラーニングの一つとしてとらえなければなりません。

生涯学習と言うと定年退職者が大学で学び直すと言う想像がありませんか。

それは一つの形態にすぎません。

生涯学習は座学である必要もありませんし、行政や教育機関だけが行なえるものでもないのです。

ニッポンでは1980年代になって、生涯学習にかんする議論が行なわれるようになりました。

そして、1990年代に国の施策として生涯学習の為の環境要素づくりが始められたのです。

歴史としてはまだ始まったばっかりと言えるでしょう。

生涯学習の基本理念は、学校の教育だけじゃなくあらゆる機会と立地で教育を提供しようと言うことです。

個人的に考えれば、人との新しい出会いもラーニングです。

スポットでのこの時代貢献活動もラーニングと言えるのです。

その気になれば、常に自分を向上させることが出来るのです。

生涯学習の取り組みを行政が行っているのですが、それに積極的に参加するフィーリング、支援するフィーリングが大切でしょう。

そのことがこの時代を作っていくと言うことに他ならないのです。

私たちはこの時代とのつながりを持って生活をしています。

その生活そのものが生涯学習と考えていいのです。

これからの生涯学習

全国の自治体が生涯学習の方向性に対して考えています。

これは国の施策でもあるからです。

生涯学習の内容は個々の地方の実情に合わせたものとなってきます。

スポットに根差した生涯学習が求められているのです。

その為に地方公共団体が生涯学習の内容に対して検討しなければなりません

しかしながら、容易に方向性を決めること言うのは出来ません

地方公共団体の力量が問われることになりますし、スポットでの格差も生じる見込みがあります。

当然、その方向性に対して直ぐに最適の回答が出るわけではありません。

試行錯誤しながら、その時代に合った生涯学習を進めていくことが大切ですのです。

生涯学習の理念だけをちゃんとおさえておくことが大切です。

生涯学習によってスポットの活発化を図ることも大切ですね。

今自分たちが住んでいるスポットはどんな状況に存在するのか、市民の活動がどんなふうに行なわれているのかと言ったことを把握した上で、生涯学習を進めていくことが大切ですのです。

生涯学習がスポットの将来を考えていく上でポイントなってす。

団塊の世代が退職してから、スポットのなかで大大活躍する立地を提供していることも考えるべきでしょう。

学びを通して人と人、人とスポットの結びつきを深くしていくのです。

将来の街づくりの一つと考えても良いくらいのことですのです。

スポットが一体となることによって、多くの人が住み易いと感じ取れることでしょう。

生涯学習は単に個人的な研究をおこなうと言うことではありません

ラーニングを通して、スポットとの関わり合いをどんなふうにするかですのです。

生涯学習審議会

生涯学習審議会は文部科学省のなかにあります。

この審議会では生涯学習にかんする幅ワイド内容を審議することになっています。

生涯学習が多くの人の一生設計に関わってきます。

いつでも何処でもラーニングを受けられるようにしようと言う考えはとっても良い感じのことでしょう。

その為に行政としてどんな方策があるのかを明確にすることが大切です

そして審議会では生涯学習の以来がどうあるべきかと言う方針を打ち出すことに力を投入しています

国民が潤沢な暮らしをおこなうと言うこと言うのは経済的な潤沢さだけでは十分ではないと言うことでしょう。

精神的な潤沢さを手に投入することが大切ですのです。

そして、それは一時的な満足感ではありません。

人には常に自分を向上させたいと言う欲求があるのです。

自分が持っている知識、技能をこの時代の為に役立てたいと考えています。

生涯学習と言うのは知識を学ぶと言うことだけではありません

この時代活動では人との交流を通して、人から学ぶこともあります。

ワイド意義合いでのラーニングですのです。

こんな見地から生涯学習を考えていきましょう。

カルチャーセンターみたいに存在する一つのことだけを学ぶのではありません。

そして、その学んだことから発展させていかなければならないのです。

以来の課題もあると言われています。

それは全部の人がラーニング意向を持っているわけではないと言うことです。

生涯学習に関わらない生活をしている人は、この時代から疎外されてしまうリスク性があるのです。

特に外国ではその心配が現実となっていると言われています。