カテゴリー
生涯学習

早稲田大学の生涯学習

大学のなかには生涯学習の為の施設を持っているところもあります。

大学が市民に対して開かれたものであることをアピールすることが大切だと考えられているからでしょう。

早稲田大学の取り組みに対して案内しましょう。

早稲田大学ではエクステンションセンターと呼ばれる生涯学習の為の施設があります。

これはニッポンの大学では最大の規模となっています。

早稲田大学のエクステンションセンターで主催される公開講座はオープンカレッジと呼ばれています。

内容は多岐にわたっています。

教養、ビジネス、語学、運動競技等です

昼夜で行なわれている講座もあります。

年間では1500もの講座が開かれているのです。

通年での講座と学期毎に完結する講座に分かれています。

自分が受講したい講座を選定して受講することが出来るのです。

実績として延べ人数で3全ての人以上の人が受講しているのだやうです。

参加は会員制となっていますが、年齢や学歴の制限はありません

入学考査もありませんから、希望者は誰でも大丈夫と言うことですね。

会員数は3全ての人以上と言われていますね。

各講座では持続的な受講を促すためのシステムとして、単位が設定されています。

所定の単位を取得することによってオープンカレッジ修了証が授与されるのです。

その気があれば直ぐにでも受講することが出来るのです。

生涯学習の考え方はいつでも自分の意向によって学びの場が提供されることです。

早稲田大学のオープンカレッジはその理念にマッチしたものと言えるでしょう。

あなたも検討してみる価値があるのではないでしょうか

インターネットと生涯学習

生涯学習の為の情報をインターネットを通して提供しているようになったのは近頃でしょうか。

多くの自治体がホームページを新設して、そこから多様な情報を提供しているようになったのです。

生涯学習の対象となるのは全部の住民です

年齢や学歴等は関係ありません。

ラーニングする意志があれば誰でも生涯学習のサービスを受けることが出来るのです。

インターネットで生涯学習の情報が提供されているのですが、広報誌等でも同じように提供されています。

ですので、インターネットを利用することが出来ない人でも問題はありません。

当然、この時代人や学生等インターネットを使い慣れた人のケースでははば、その方が情報の収集が容易なってす。

生涯学習はインターネットの登場で変わったのでしょうか。

本質的なところはチェンジしていません。

しかしながら、この時代がネットこの時代となることによって、住民相互の交流の場が減っていること言うのは確かでしょう。

それを何ともおもわない人たちも増加してきたのです。

多くの若者がお勤めもせずに自宅にいる状況は改善されなければなりません。

生涯学習の理念はそういった若者も対象としているのです。

生涯学習を通してこの時代とのつながりを見つけることが出来れば、良い感じのことではないでしょうか。

私たちはこの時代のなかで生きていかなければなりません。

その為の意義を見つけることも生涯学習と言えるのです。

インターネットは楽ですが、その弊害も知っておくべきです。

そして、あなたはラーニング意向を取り戻すのです。

学習院の生涯学習

ラーニング院の生涯学習センターを案内しましょう。

全国の大学が生涯学習に力を投入するようになりました。

これは少子化、高齢化に伴う学生の総数のチェンジに対応するためと考えられますが、大学が単に学生の為の施設であってはならないと言う考えからでしょうか。

スポットに貢献する使命を専門業者だけじゃなく大学も担わなければならないのです。

さて、ラーニング院では生涯学習センターがあります。

政治経済を学ぶことから、芸術の講座、文化面の講座等いっぱいの講座が準備されています。

高齢者や主婦が一般知識をUPさせると言うことだけではありません

生涯学習は近頃働いているこの時代人のスキルUPも可能としなければならないのです。

そういった人の為の講座も準備されています。

通年に渡る講座は時間的に余裕がある人の為のものです。

そして、夏季集中講座、特に講座、春季特に講座、秋季特に講座、冬季季講座等、多様な期間での講座設定となっています。

自分の都合に合わせて講座を選択することが出来るのです。

この時代が成熟して、ラーニング意向が高まっていると言われています。

生涯を通してラーニングしていこうと考える人が多くなったのです。

大学が生涯学習に力を投入するようになったのはそれほど昔ではありません。

ラーニング院では平成11年にセンターを設立しています。

以来この時代を担っていく若い人たちから、定年退職をして余暇をラーニングに当てようと考えている人まで、幅ワイド人のニーズに応えようと教育機関もアレンジを凝らしているのです。