カテゴリー
生涯学習

生涯学習講座

充実した一生を送るお目当てでは何が必要だとおもいますか。

高齢化この時代を迎えています。

人は長生きをおこなうようになったのです。

生涯学習この時代の実現を目指すことが国の基本方針となっています。

そういった中で多様な機関が生涯学習に取り組むようになってきました。

教育機関も積極的に生涯学習講座を実行しています

大学だけじゃなく高等学校でも生涯学習の為の講座を新設しているのです。

当然、それらの講座には年齢の制限はありません。

いくつになっても受講することが出来るのです。

大切なのはラーニングしようと言う意向です。

生涯にわたってラーニングしたいと願っている人が生涯学習の恩恵にあずかるのです。

学校は教育の為の施設ですので、講座を開くための体制は整っています。

後は受講者と講師の確保だけですのです。

生涯学習講座で検索してみると良いでしょう。

全国でいっぱいの講座が開催されているのです。

期間もあるくらい限定されています。

その方が受講者にとって都合が良いからでしょう

高校や大学での生涯学習講座は学校の宣伝としても役立っています。

それがニュース等になるからです。

しかしながら、以来は自然みたいに生涯学習講座が開かれるのかも知れません。

生涯学習この時代を目指す為には、多くの機関で生涯学習講座が開かれなければならないからです。

一生を通してラーニングをしようと言う意向がこの時代を変化させていくのです。

そして、そこから得た知識で世のなかに貢献したいと考えている人が沢山のです。

生涯学習開発財団

財団法人である生涯学習開発財団の案内をしましょう。

文部科学省の認可を獲得して、昭和58年に設立されました。

「エイジレス・ソサィエティ」の創造を目指しているのだやうです。

その為に生涯学習にかんする情報を提供し、推進することが財団の活動お目当てとなっています。

自律的で創造的な生涯学習を推進しています。

調査、研究、研修をおこない、この時代教育の発展に寄与することが活動理念です。

具体的には生涯学習の一環として行なわれている催事などの支援を行っています。

それは国内の団体に限りません。

国外の団体に対しても、生涯学習の理念に照らし合わせて、支援を決定しているのです。

生涯学習と言うのは個人が自己実現とこの時代貢献を目指してラーニングする意向を支援するための考え方です。

行政が主導して生涯学習この時代の実現を進めています。

当然、行政だけで出来るわけではありません。

スポットのボランティアやこんな財団の支援が不可欠ですのです。

生涯学習によって学んだことを世のなかに還元するための枠組み創りが以来の課題だと考えられています

開発財団やそれ以外の団体の支援によって生涯学習の充実が図られていくことでしょう。

多くの人が幸せに暮らしていけるこの時代と言うのはどんなものでしょうか。

自分の意向を向上させることと世のなかに貢献していると言う充足感が不可欠ではないでしょうか。

当然、こんなこの時代が容易に実現出来るわけではありません。

しかしながら、地道な努力によって少しばかりずつでも前進させたいものです。

その為には一人一人の心がけが大切です。

千葉市の生涯学習

スポットに根差した生涯学習の例として千葉市の生涯学習センターを案内しましょう。

千葉市が特にに目立った活動をしていると言うことではありません。

多くのスポットで同様の取り組みがなされているのです。

千葉市生涯学習センターでは市民の「学びたい」と言うフィーリングを支援することを第一に考えています。

それらのフィーリングに応えられるように、多様な取り組みを行っているのです。

生涯学習にかんする情報の提供、データの提供、そして、催事、講座の開催を行っています。

センターのシステムとしてラーニングの場であるだけじゃなく、市民の交流の場としての使命も持たせています。

ラーニングに参加した人同士の交流を促すための施設ともなっているのです

講座の参加だけじゃなく持続的なラーニングを提供していることも考えられています、。

生涯学習と言うのは一生のどの段階ではも、どんな立場の人でもラーニングをおこなうことが出来ると言うことです。

その為にはセンターの使命はたいへん大切なものとなってきます。

多くの人が集う立地であってラーニングの立地となるのです

これらの理念を実現するお目当てでは行政職員だけでは難しいこともあります。

スポットのボランティアや生涯教育を支援してくれる団体の応援が必要なってす。

生涯教育にかんする相談にも気軽に対応してくれるやうです、。

こんな風に生涯学習に力を投入している行政が多くなってきています。

スポットの人の意見や支援を獲得することによって、生涯学習の充実を図っていかなければなりませんね。