カテゴリー
生涯学習

ボランティアと生涯学習

ボランティアと言うのは自分が持つ知識や技能等を無償で提供していることによってこの時代の役に立とうとする行為です。

これは自分の自由意志によって行なわれるものです。

現代ではは多様な状況でボランティアの人たちが活動しています。

ボランティアなしでやっていけない活動も多くなっているのです。

生涯学習とボランティアにはどんな関係があるでしょうか。

直接の関係はありませんが、ボランティアをおこなうことによってその活動が自分の技能を高め、自分の生きがいを見つけてくれるものとなるケースではもあります。

それはワイド意義合いでの生涯学習と言えるのです。

ボランティアをやるための知識を学ぶ場として生涯学習があるかも知れません。

生涯学習で得た知識を利用してボランティアが可能になるケースもあるでしょう、。

他の人の生涯学習を支援したケースいうボランティアもあるのです、。

生涯学習とボランティアは共通の環境要素があると考えていいのです。

ボランティアも生涯学習も自分の意向で決めることです

その点がとっても大切なことですのです。

ボランティアをしたいと思っても、あるくらいの知識を持っていなければならないことも沢山やうです。

それらの知識を生涯学習の講座で学ぶことが出来ます。

生涯学習は単に学ぶことで終了してはいけません。

学んだことを世のなかに還元することが大切ですのです。

それにはボランティアがわかり易いのです

生涯学習とボランティアは密接につながっていると言われているのです。

生涯学習の課題

ニッポンだけじゃなく、ワールド的に生涯学習の意義がトピックされています

世のなかにおける生涯学習の大切性を認識しているのです。

全部の人にラーニングの機会を与えると言う理念は良い感じののですが、その陰で課題もあります。

生涯学習が充実した世のなかになるとどんな問題が出てくるのでしょうか。

それは生涯学習に積極的に参画する人とそうではない人の間に溝が出来ることです。

人がラーニング意向を持っているケースでははいいのですが、全部の人がそうと言うのは限りません

参加しない人はこの時代的に排除されていくことになります。

これは年齢にかかわらず発生しうる問題です。

若い世代でも同じ課題があるのです。

生涯学習の先進国であるEUではすでにこの時代問題となっていると言われています。

このこの時代から排除された人々をどんなふうにして引き込むかが大きな関心事となっているのです。

これらの現象はITの拡大によって拍車をかけていると言われています。

ITがラーニングの実りとして、経済的な利益を与えるものとなるからです。

そして、ITを利用出来る人と利用出来ない人の間に大きな差が出てきます。

そういった課題を克服する手段として考えられるのはお勤めを与えると言うことだやうです。

お勤めをおこなうことによってこの時代とのつながりを保つことが出来るのです。

自分の使命がこの時代のなかに存在することを実感出来るからでしょうか。

ニッポンにおける生涯学習はスポットのカルチャーセンターの形態がメインとなっています。

その為に世のなかでお勤めをしている世代にとっては生涯教育の恩恵はないに等しいのです。

生涯学習の施設

生涯学習を学ぶための施設は、個々のスポットにいっぱいあります。

生涯学習センターと呼ばれる施設が沢山かも知れません。

当然、そこで行なわれている講座はスポットの実情に即したものでしょう。

多くの人が自ら学びたいと集まってくるのです。

スポットの特色を活かした生涯学習の施設ですのです。

しかしながら、生涯学習だからと言って特になことをおこなう必要はありません。

スポットの本館に行って本を読書だけでもいいのです。

多くの人が交流するための場としても生涯学習センターは利用されます。

地方公共団体の業務の一つとして生涯学習の推進があるのです。

あなたは生涯学習にどんな想像を持っていますか。

日常はお勤めを持っているような人にとっては、大半生涯学習と言うものに触れる機会はないでしょう。

高齢者や主婦などのカルチャーセンターと言った想像でしょうか。

しかしながら、ほんらいの生涯学習はそういったスペースがない人を対象としたものではありません。

学校教育もワイド意義合いでの生涯学習ですのです。

人の一生はラーニングで始まり、ラーニングで終了するのです。

そういった一生は良い感じののです

当然、ラーニングの場は施設の中だけではありません。

多様な活動を通して、知識を得たり、情報を入手したりすることも立派な生涯学習です。

そう考えれば、生涯学習は身近なものであると言えますね

今までは大半考えていなかった人でも、この時代とのつながりを考えてみると生涯学習の使命が見えてくることでしょう。

個々の立場で生涯学習に取り組めばいいのです