カテゴリー
生涯学習

生涯学習とNPO

全国的に生涯学習で町を活発化させようと言う活動が活発になっています。

それを後押しするNPOがあります。

それは全国生涯学習まちづくり協会です。

生涯学習とまちづくりをテーマにして、教育、行政、ボランティア等が集いメリットあるまちづくりを目指している団体です

全国的な組織となっています。

各スポットで行なわれるまちづくりはそのスポットに根差したものでなければなりません。

しかしながら、それをどんなふうにして進めていくかが大切なってす。

スポットの文化や教育等がその中心とならなければなりません。

生涯学習は文化を学び、それを継承していくことも一つの使命です。

生涯学習とまちづくりは密接な関係に存在するのです。

全国生涯学習まちづくり協会は自治体や民間専門業者、ボランティアなどの交流を深めるお目当てでつくられた団体です。

以来のライフスタイルを考える時に、コミュニティの形成やそこに住む人々の暮らし等多くの課題があります。

生涯学習を考えただけで克服するものではありません。

スポットに住むあらゆる人々の連携を促してまちづくりに生かしていくことを考えなければならないのです。

その為には手法を持った指導者が必要です。

協会のスタッフがスポットの指導者に手法を提供し、潤沢なまちづくりを実現していこうと言うことです。

まちづくりにかんする講習会等を開催することを主な活動としています。

それ以外に会員相互の交流や研修等を通して、自分のスポットの活発化を図ってもらおうと言う狙いです。

生涯学習振興法

生涯学習振興法と言うのは国や都道府県などの使命のなかで生涯学習にかんすることを取り決めた法律です。

その条文を読書と次のようなことが記載されています。

生涯学習はスポットの住民のラーニング意向を尊重し、その為の機会を与える必要があります。

学校教育、この時代教育等ワイド意義合いでのラーニングに関連して、情報を収集し整備することが求められています、。

スポットではは、個々の団体と連携すること、団体相互の連携を促し、助言しなければならないとしています、。

高齢化と少子化が進む現代ではは、生涯学習の大切性がより一層高まっていると言えるでしょう。

国の政策として生涯学習に重きを置いているのです。

多くの人が定年退職とともにスポットとのつながりを求めるようになります。

それは専門業者とのつながりがなくなる分を埋め合わせしたいと考えるからでしょうか。

スポットにおけるラーニングと言うのは、学校の研究ではありませんが、学校における教育もワイド意義合いでの生涯学習と考えられます。

年代に関わらず生涯学習の名の元に、ラーニング意向のある人にその機会を与えなければならないのです。

当然、行政機関だけで実現出来ることではありません。

民間専門業者やボランティア、NPO等この時代を構成する多様な団体が共通のお目当てを持たなければならないのです。

以来の時代はどんなふうになっていくのでしょうか。

生涯学習と言うキーワードが大切な使命となること言うのは間相違ありません。

都道府県の生涯学習の理念は市町村との協調が大切です。

総合的に住民の利益を確保しなければならないのです。

生涯学習センター

生涯学習振興法の理念を実現するお目当てで、全国の市町村では生涯学習センターと呼ばれる機関があります。

呼び名はそのスポットで異なっていることもあります

生涯学習センターではどんなことをやるのでしょうか。

まず、多様な講座が設けられています。

そのインストラクターはスポットで資格を持っている人であったり、長年そのカテゴリーに携わってきた人だったりが沢山やうです。

スポットが主催して、スポットの人の為になる講座が開かれているのです。

生涯学習と言うのは一生涯に亘って、何らかのラーニングをしたいと言うフィーリングに応えるための機会を与えることが大切です。

その為の地方公共団体がセンターを設立しているのです。

当然、高齢者しかない講座ではありません。

スポットの人であるのならだれでもが参加出来るのです

市民が学びたいと言うフィーリングを支援するための機関ですのです。

こんな取り組みはスポットによって差が見られます。

しかしながら、多くの行政機関がその差を埋めるべく努力しているのです。

他のスポットを参照にしているケースではもあるでしょう。

それは悪いことではありません。

いいところはみるみる取り投入するべきですのです

あなたは生涯学習をどんなふうに考えていますか。

老年者しかない講座と思っていませんか。

人はいくつになっても、ラーニング意向があるのです。

それが生きがいとなる人もいるでしょう

自分が持っている知識や技能を人に教えることで存在の価値を確かめることが出来るかも知れません、。

同じスポットに住む人同士が交流することも大切なことです。