カテゴリー
ブログ アクセスアップ

文章テクニック

あなたのブログをアクセスUPさせるには、本質的なことですが文面ワザも大切なポイントとなってきます。

ブログでアクセスUPさせるための本質的なブログ構成を解説します。

初めが肝心です。

冒頭でまずはそのブログを読みたいと読者におもわせることが大切です。

出来る限り簡潔にブログに書いている記事の中身をまとめます。

冒頭のポイントは、この記事を書こうと思った経緯に対しての解説。

記事をリーディングと読者にどんなメリットがあるのかを解説、現実に具体的な数値でその効力を示すことが大切です。

この3つが大切なポイントです。

ブログの始まりを今日の出来事等なんてことない話から始める人がいますが、それは止めた方がいいです。

見出しも大切です。

見出しを見ればブログの中身が分かるくらいにしておくこと。

見出しから読者が関心を持った箇所だけでも読めるようにしておくこと。

ぱっと見た際に容易に読めそうだとおもわせることが大切ですのです。

また文面だけで解説したケース比べると、画像やスクリーンショット等を投入しておいた方が読者は読み易いですし、会得し易いです。

記事の上の方に読者の目に止まりそうな画像を投入したケースいいです。

文面が長くなってしまうときには、途中で画像を投入してリーディングのが苦にならないようにしておくといいです。

文面を書くときには、わかり易い言葉を意識するようにしてください。

ビジネス用語や専門用語等特定の人にしか分からない言葉は使わないようにしてください。

漢字とひらがなのバランスにも注意してください。

漢字ばっかりだと文面が難しく見えてしまいますし、ひらがなばっかりでも読みずらいです。

ブログを書いたら一度読み返してみて、読みがたくないくらいに治していくと、おのずと漢字とひらがなのバランスもよくなっていくとおもいます。

文章テクニック2

箇条書きにするのもやめた方がいいです。

折角良い内容を書いていても、箇条書きの文は読みごたえがありません。

ですので読者に記事を感想や感じ方付けることが出来ませんし、良い記事だとおもわれません。

見出しを箇条書きにしてから、そのあとに記事のなかに解説文を書くようにしたケースいいとおもいます。

ブログを書き終えたら、2回か3回は読み直すようにしてください。

無駄な文面を省くことが出来ます

その際は、話しが本筋から脱線していないか、例え話がわかりがたくないか等を確認してください

文面のまとまりが大きすぎるものは読みずらいです

その為中見出しをつけてその下にくる小見出しを5個くらいにおさめて、次に別の中見出しを付けた方が読み易いです。

文面が長すぎるものは読みずらいですので、1つの見出しに対して段落は3つ以内にした方がいいです。

それ以外はリストにする等して箇条書きにします

具体的な数値を投入することも有用です。

近頃のトレンドりに対してコメントして、「トレンドっています」と書くだけでは読者は食いつきません。

評判のブログやアクセスUPをしているブログのケース、大半が具体的な数字を表記しています。

具体的に「何万部売れた」とか「売上額面」「評判ランキング」等数字として表れた方が読者は話題します。

数値を調べるこというのは手間ですが、見易いブログを作る為にも重視したいポイントです。

記事創りを行なう際にはこんな点を意識して行なうようにしたケース、あなたのブログはアクセスUP間相違なしだとおもいます。