カテゴリー
ブログ アクセスアップ

ブログとは

近頃「ブログ」という言葉をよく耳にするようになりました。

ポピュラータレントが多くブログを持つようになり、タレントの生の声が聴けるということ急速に広まっていったようにおもいます。

元来ブログの意義は「毎日更新するWebサイト」のことで、日記のようなものです。

「Webの日記」が「Weblog」となり略して「blog」(ブログ)と呼ばれるようになっていきました。

ブログの定義にはイロイロな意見があります。

世間一般的な定義としては、更新頻度が高いこと、閲覧者がその記事に対してコメントを返せること

トラックバックを送ることが出来ること、RSSを公開すること等があります。

またパーソナルコンピュータからではなく、携帯電話に対しているカメラシステム等を使用して容易に写真やコメントを記載するものを「モブログ」と呼んでいます。

携帯電話があれば、いつでも何処でも記事を投稿出来ますし、コメントを閲覧することが出来ます。

近頃ではブログの評判に伴ってポピュラータレントだけでなく、大抵の人もブログを公開するようになりました。

日々の出来事を日記帳替りに記載している人もいれば、イロイロなお役立ち情報を記載している人、おストアーの情報を記載している人、子供の成長を記録している人等いろいろです。

どんな形であれ、ブログを作っているからには、多くの人にみてもらいたいとアクセスUPを狙うのは当然のことです。

ブログでアクセスUPを行なう為には、いくつか手法があります。

ただ毎日情報を更新していればいいわけではありません。

イロイロな手法、ポイントに対して見ていきたいとおもいます。

ブログのメリット

一定グレードのWebサイトとブログを比較して、ブログの持つメリットを案内します。

ブログのケース、日々の更新が容易に出来ます。

ブログはWebサイト上に存在することから、パーソナルコンピュータや携帯電話があればいつでも何処でも気軽に使用することが出来ます。

家からでも会社からでもお出掛け先のカフェからでもブログを更新することが出来るのです。

自分の都合のいいときに、さっと容易に出来るため、苦になることなく毎日続けて記載することが出来るのです

またブログのなかに記事を投稿しておけば、ページをその分創ることが出来る為に検索エンジンを使用して検索されやすくなります。

Pingシステムによって投稿直後からブログの中の検索エンジンで検索の対象となることが出来ます。

RSSやPingを使用したケースブログのポータルサイト等を通して自動的に最新情報で案内してもらうことが出来ます。

最新情報に記載されることでブログのアクセスUPにつながります。

また使用しているブログサイトではもTOPページで新着、最新記事等として反映されるので、ブログが話題されてアクセスUPにつながります

ブログでは容易に使えるテンプレートが潤沢に手配されています

ブログサービスで提供しているもの等を利用して容易にブログのデザインを変更することが出来ます。

個人のブログページではもテンプレートを提供している人もいます。

これらの中からお好きなものを選定して自分お好きのデザインにすることが出来るのもブログの楽しさであってメリットです。

ブログのデメリット

メリットというのは逆にブログのデメリットに対しても見ていきます。

ブログのデメリットやデメリットを挙げてみると、多くの人がブログを行なうので、中にはデザインや情報等が似通ったものになってしまうことがあります。

これはブログのデメリットと言えるかも知れません。

そしてもう一つ、少しばっかり古い記事、過去の記事は埋もれてしまうことです。

ブログは常に更新して新しい情報を保つことでより多くのアクセスUPをはかることが出来ます。

逆にいうと更新していない古い情報はアクセスされることなく、大半閲覧されないということが起きてしますのです。

ブログのデザインが似てきてしまうのは、同じブログサービスが提供しているテンプレートやツールを使用しているのであるくらいは手法のないことです。

ですのでブログを使用しているともっと自分なりのオリジナルなものにしたいと思っていくようになるとおもいます。

そしてブログは毎日更新するスタイルの日記のようなものであることから、常に新しい情報がアクセスUPし過去の記事が埋もれていくことなってす。

これはブログの特性でもありデメリットでもあるのです。

当然記事を埋もれさせないようにする手法、自分のブログに個性を出すようにするカスタマイズの手法はあります。

この手法を覚えることで、ブログが今よりより一層すばらしいものになるとおもいます。

初めは日記くらいに始めたブログも、より一層突き詰めればテンプレートを変え、オリジナルのデザインにし、アクセスUP出来るように情報のリンクを張り、カスタマイズして向上させていくことで、デメリットも克服することが出来るのです。